企業・行政向けセミナーの紹介

スクーミーは教育用教材だけでなく、企業や行政向けのセミナーを実施しています。

その企業や行政に合わせたオリジナルのプログラムを作り実施します。

お気軽にお問い合わせください。

行政と連携した団体

やまなしIoTラボの人材育成ワーキンググループ『テラコヤアイオーティ』でスクーミーを使用した、テクノロジー活用人材の育成に向けた取り組みを行なっております。また、スクールエンジニアプロジェクトとして、山梨県教育委員会さまとやまなし産業支援機構さまの後援のもと、地域の子供たちに、プログラミング教育を提供しています。

行政向けのセミナー

山形県の事業である「ICT実践人材育成講座」の実習プログラムに採用されました。

行政様の要望や参加者の特徴、セミナーの趣旨から、オリジナルのプログラムを作成し、講師としてもサービスを提供しました。

あらかじめはんだづけや、プログラミングコードの用意をこちらで行いましたので、セミナーでは、すぐ製品の開発のためのアイデア出し、議論、開発、発表(提案)ができ、座学では経験できないより実践的な学びにつながったと考えています。

自治体向けサービス

企業向けセミナー

岐阜県大垣市グループホーム「てんじゅ」様への企業研修を実施しました。

スクーミーを活用して、企業内の課題をどういった製品を開発し、解決していくのかを考えるワークショップです。

まずは、スクーミーやセンサーの仕組み、簡単にプログラミングを学んだ後、スクーミーで介護における課題をどう解決するかを実際に簡易版の製品を開発しました。

普段、介護の現場で活躍している方々も、プログラミングをしたり回路をつなげるというおそらく普段縁がないエンジニアリングを通して、こんなこともできる!あんなことも解決できるんじゃない?!と白熱したワークショップになりました。

企業の中の課題を、自分たちで製品を開発し、解決する。だれもがクリエイターになる社会を実現する第一歩を踏み出した予感のしたセミナーでした。

個々によって、介護の仕方が変わってくるということからも、この人に合った製品はこれ。この人にはどういう仕組みの製品がいいのだろうと、その人その人にジャストフィットした製品を、ワークショップ参加者の方々が開発していました。

教員向け・コンサルタント向けセミナー

東海地方を中心にキャリアコンサルタントや教員として活動している「株式会社カタチヅクリ」様向けにセミナーを行いました。

スクーミーを活用した企業向けセミナーを実施する際の講師やコンサルタントとして活動する方向けのセミナーで、指導方法や活用方法などを一緒に考えることもできたセミナーでした。

スクーミーを使うと、プログラミング初心者やものづくりに関心がなかった方でも簡単に開発ができます。そのため、企業研修や、新入社員研修、また採用試験などでも課題解決のプログラムの1つの題材として使うことができるマイコンになっています。

保護者向けセミナー(親子参加が可能なイベント)

主に、これから小学校でプログラミング教育をうける子どもを持つ親向けにセミナーを実施しました。今後どういう教育に移り変わるのかなど、スクーミーを使って、「これからの教育」についてスクーミーでの学びを事例にセミナーを実施しました。

プロジェクトの紹介

行政・企業様に合わせたオリジナルプログラムの提供も可能ですが、毎月スクーミーを活用したプロジェクトを実施しています。スクールに通う学生と触れ合う機会にもなったり様々なキャリアの方が参加するので、企業間交流も可能です。それぞれ参加者がもちよる課題を解決する装置の開発などを行います。また地域全体をフィールドをしたもハッカソンプロジェクト(ハッカソンを地域で行うイメージ)を行ったりもしています。

地域を題材にしたプロジェクト

山梨県身延町をフィールドにして、地域の課題をテクノロジーを使ってどう解決していくのかという一泊二日のキャンプを行いました。ドローンの開発やArduinoを使った開発の練習や、地域について知るフィールドワークや農業体験を行い、参加した小学生から社会人までが世代を超えてチームを組み、課題解決に取り組みました。キャンプが終わったあとも継続してプロジェクトの企画を、地域・企業・行政と連携して行っております。

ライカーズキャンプ2018in身延町(後援:山梨県)

企業と学生の連携プロジェクト

株式会社サンモリッツアーツ様とスクーミースクールの学生が連携して、新商品開発するプロジェクトを行いました。サンモリッツアーツ様の商品「アーツブロック」とスクーミーを組み合わし、アナログとデジタルの融合の新しい価値を作りだしたりなど、スクーミーを活用し学んでいる柔軟な思考力と発想力・創造力を兼ね備えた小学生が本領を発揮できたイベントでした。現在も共同でプロジェクトを進行しています。

ハッカソンプロジェクト

スクーミーを使った月毎におこなわれるイベントです。小学生から社会人までいろいろなキャリアの方々が世代を超えて課題解決の製品開発を行います。スクールに通う学生と触れ合う機会にもなったり様々なキャリアの方が参加するので、企業間交流も可能です。