スクーミーボード、スクーミーアプリキットなどを使いこなし、創造的問題発見&解決能力の育成ができるリーダーを育成する講師育成プログラムです。

プログラミングを学んでみたい、ものをつくることをしてみたいというニーズが高まる中、IT講師不足が各地域で起きています。スクーミーリーダーズプログラムは、こういった課題に対して、「テクノロジーを活用して問題を解決をすること」を教えることができたり、プロジェクトマネジメントのできる人材を育成していきます。

プログラムの内容

ITスキルの習得

プログラミングでスクーミーボードを動かしたり、アプリをつくるための基礎技術を学びます。

問題発見&解決の実践

問題を発見して、その問題を分析し、スクーミーボードで解決する方法をディスカッションしながら実践形式で学びます。

プロジェクトマネジメント

講座をどのように進めていくかなどや問題解決のプロジェクトの進め方などのファシリテーションなどを学びます。

MAIN

プログラムの基本的な流れ

※所有時間は、1コマ50分で、3回まで実施することができ、

自分のレベルに合わせた受講ができます。

※3)4)は状況によって行わない場合もあります。

1)スクーミリーダーズキットの使い方を学ぶ

スクーミーボードを使うための環境設定や注意事項などを知り、プログラミングを学習する。ここで残りのカリキュラムを決めます。

2)問題発見&解決方法を学ぶ

専用のテキストとカードを使い、問題の発見とその問題をテクノロジーで解決する方法を学ぶ。受講者でチームをつくり実践する。

3)ワークショップのサポート講師を行う

受講者が参加可能なエリアでワークショップを弊社が実施します。その際、サポート講師として学んだことを生かすことを行う。※講師謝金をワークショップの時間に合わせてお支払いいたします。

4)ワークショップのメイン講師を行う

ワークショップイベントを企画し、実践する。※イベント費用を弊社に支払う必要はありません。

プログラムコース

2つのコースで講師になることができます。

スクーミーボードコース

スクーミーボードを使いながら学んでいきます。小学校などの教育機関での講師や。学習塾の講師などスクーミーを活用した学びの際に、講師を行うことができます。

スクーミーアプリコース

スクーミーアプリキットを使いながら、アプリの作り方を学びます。PWAというウェブアプリをつくることができ、仕事や生活の中で使うことのできます。

プログラム活用実績

地域の大学生がプログラミングを学び、その学んだことをいかし、子ども食堂に参加していた方々に、「伝統文化×プログラミング教育」を実施しました。

プログラム活用実績

スクーミーを活用して普段、ものづくりをしている子どもたちが、小学校・中学校の教員にプログラミング活用方法の指導を行いました。

プログラム活用実績

地域の大学生と社会人がスクーミーを活用した学びの体験終了後、チームを作り、地元の農業効率化を図る装置を開発しました。

プログラム活用実績

企業の社会活動でスクーミーを活用したプログラミングイベントを実践しました。また集まった保護者の方にも使い方を教え、子どもたちと楽しく学ぶ空間を作りました。

プログラム活用実績

小学校の先生と連携し、理科の授業で実践しました。予め先生方とどのような仕組みで動き、どう活用できるかなどを説明しレクチャーし、どのような授業ができるかを実践しました。

料金体制

下記コース受講の場合は、以下の料金にキットレンタル代も含みます。

講座が1ヶ月以上かかる場合は、月額費用がその分発生しますのでご了承ください。

講座終了後、キットは返却していただきます。

スクーミーアプリコースの場合は、下記教材の金額にプラス5,000円です。

\ 2020年4月までのキャンペーン中 /

¥3,000

1ヶ月のレンタル費用

  • スクーミーボード
  • センサー(コネクタン)8種類
  • 問題解決カード
  • スクーミーブロックの仕様書
  • 50分講座3回分のチケット

こちらの金額には、スクーミーパートナーが含まれていません。ケースの装着やスクーミーが壊れた際の保険を合わせて申し込みいただきます。

Why us

募集しています。

現在、受講生を募集しています。1人からでも大丈夫ですし、3人まで同時に一緒に受講することができます。3人で行う場合、キットが1セットあれば受講可能です。50分〜150分でカスタムすることができます。詳しくは、以下の申し込みページよりお願いします。

チュートリアルを始める