サービスの特徴

3ヶ月間のパートナー制度になります

まずは3ヶ月間のジャムキットの1セットのレンタルが可能です。その後パートナーの継続も可能です。

初月はジャムキットを送ります

初月は、ジャムキットを送りますので、いろいろ使ってみてください。

壊れたら交換できる保証がつきます

コネクター部分の破損のみが保証の対応で、3ヶ月に1回までです。

2回目以降の購入方法が特殊です

なんのためにつくったかなどの、発表資料があれば、2回目以降の購入金額を値引します。

現在、パートナーを募集しています。

2020年4月以降は、有料プランもできる予定です。

SchooMy PARTNERになる

ありがとうございます!
以下のボタンから、SchooMyPARTNER申し込みフォームに入力をお願いします。

考えたいこと

一緒に考えることで「自分でつくりことで、困っていることを解決していく文化」を拡大したいです。

小学校で使えるのか?

こちらが用意しているカリキュラムの実戦、もしくは、新しい実戦方法を一緒に試していきたいです。

中学校で使えるのか?

実はまだ中学校での使用実績がありません。ですので、一番最初に使用していただけるところを探しております。

高校で使えるのか?

総合的な探究の時間でのテクノロジー活用でぜひ使用していただきたいです。新しい活用方法も募集中です。

スクーミーブックは使えるのか?

2020年1月1日にリリースした、スクーミーボードを活用した問題解決のためのワークブックです。実際に使っていただき、ここはもっとこうした方がいいんじゃない?というのを意見いただきたいです。

家族が協力して、家の中の問題解決をすることができるのか?

今年進めていきたいと思っている、SchooMyDAYsのプレを募集します。月1回くらいは家族が集まって、話をして、いろいろなものを作りながら家の中のあったらいいなをつくっていこうというものです。これが本当にできるのかを一緒に検証したいです。

他にどんなセンサーがあったらいいのか?

少し上級向けかもしれませんが、すでにArduinoなどを使用していて、他にもこんな仕組みがあったら便利だよねというものを考えていきたいです。ブレッドボードコネクタンというスクーミーではあるまじきコネクタンを使用していただきたいと思っています。

ジャムキットだけでどんな面白いことができるのか?

今回用意するジャムキットでセンサーの数やできることなどは満足にできるのかというものの検証に協力いただきたいです。キットの中身の構成を考える1つの意見とさせていただきたいと思っています。

どんなケースがあったらいいのか?

3Dプリンターや木、段ボールなどでスクーミーボードとコネクタンのケースを一緒に検討していただきたいです。子供たちがついつい入れたくなるものを考えていければと思います。

どうやって売ればいいのか?

学校の先生も安心して利用いただけます。

現在、毎月の人数を限定して、小学校の教員、中学校の教員、高校教員の方は、現在月額費用0円で、SchooMyPARTNERに申し込みいただけます。学校などで使用する際の準備や、内容によっては台数をまとめてレンタルすることなど可能です。ご利用ください。

※学校に無料で配布するというわけではありません。あくまでも先生を対象にしたパートナー制度になります。

WHATs service

概要

問題解決に特化したマイコンボード「SchooMyBoard」を活用した教育事業を手掛ける株式会社ライカーズアカデミア(本社:山梨県山梨市 代表取締役CEO:塩島諒輔)は、プログラミング教育を通じて、自ら課題を発見し、新しい価値を作り出し、それを発信していくことを目的とした、創造性を育む教材サービスや「JAMKIT」の貸し出しを開始し、よりサービス充実したものにしていくためのパートナー制度「SchooMyPARTNER」を募集します。

SchooMy PARTNERになる

ありがとうございます!
以下のボタンから、SchooMyPARTNER申し込みフォームに入力をお願いします。

スクーミーボード各種を送らせていただきます。

また、利用内容によって、ジャムキット10セットまでは無償でレンタルしていただけます。

SchooMy PARTNERのためのコミュニティスペース

SchooMyPARTNERのためのコミュニティをつくっています。条件としては、SchooMyBRANDの製品を持っていることです。持っていないけど、参画したい場合は、ジャムキットを貸し出しますので、上記リンクから申し込みください。