STEP1:Googleスプレットシートで表を作る

スクーミーアプリの基本コースは、『Google スプレッドシート』というサービスを活用します。
サービスのページ内の空白をおすと・・・

STEP2:Glide で作った表をえらんで作る

スクーミーアプリの基本コースは、『Glide』というサーボスを活用します。
Glideのページ内の Get Started(赤枠)を押してください。ここでGoogleアカウントが必要になります。

甲府市のAEDの位置がすぐわかり、まだデータにのっていないAEDの位置を投稿できるアプリ

自分が今いる場所から近いところでテイクアウトをやっている店の表示と、今日のオススメをランダムに表示してくれるアプリ

こんなアプリを作って、地域に貢献しているこどもたちがいます。

テクノロジーを活用して、社会にインパクトを与えるこどもたちを応援するのがスクーミーです。開始して、1年。子どもたちの活動が多くのところで紹介されています。

アプリ開発をはじめとするオンラインクラスの体験会を行っております。
体験会の案内専用ページへ移動する場合はこちらから

タブレットやスマートフォンで読み込んでください。ライブ専用ページに移動します。

動画教材の専用ダウンロードです。ライブ以外でも活用できます。

タブレットの場合は、画面に移動したら、SHOWFULLSCREENをおしてください

スクーミーライブについて

ライブに最初から入れなかった場合や、先にみておきたい場合、どんなものか知りたい場合はこちらからみることができます。

体験内容・基本練習①

アプリをつくるために、Googleスプレットシートを用意する

所要時間:1分

スクーミーアプリの基本コースは、『Google スプレッドシート』というサービスを活用します。
サービスのページ内の空白をおすと・・・

体験内容・基本練習②

Glideでシートを選択する

所要時間:1分

スクーミーアプリの基本コースは、『Glide』というサーボスを活用します。
Glideのページ内の Get Started(赤枠)を押してください。ここでGoogleアカウントが必要になります。

体験内容・基本練習③

文字を表示させる

所要時間:2分15秒

地元のお気に入りのお店を紹介するアプリをつくってみよう

読み取ってください

他にもこんなことができます

スクーミーオンライン教材アプリをつくりながら学ぶ

所要時間:13分