2020年から小学校、2021年から中学校、2022年から高校と、学校の教育でテクノロジーを活用した学び【プログラミング教育】が必修科目として加わります。まだこの教育に置いて、確立された内容がなく、評価基準も曖昧で、各都道府県が模索しながら進めている状況です。山梨県は他県に比べ、遅れており、周辺地域とのテクノロジー教育格差が生まれています。これを解消するために、弊社は【スクーミー】というマイコンボードを開発し、より多くの子供達が、テクノロジーを活用した仕組みやものづくりに感心を持ってもらうために、企業が持っている専門的な知見と弊社の持っているスクーミーを合わせて、山梨でしかできない学びを行い、山梨の事例を全国に広めてモデルにしていきたいと思っております。
 
ただのプログラミング教育ではなく、色々な分野や学び、業種とコラボレーション(MIX)していきながら、あたり前のようにテクノロジーを活用した学びへとアップデートしていきたいと思っています。
 
 近年、スマートハウスなどと、家そのものや家電など、家族やこどもたちの周りには、テクノロジーを活用した便利なものがたくさんあります。それを、ただ使うだけの消費者になるのでなく、「もっとこうなったら家が便利になる」「おばあちゃんが楽に暮らすことができる」のようなアイデアを子供達が考え、それを作って、使ってもらいながら、どんどんいいものに変えていく流れにより創造者に誰もがなれる学びや世界を作っていきたたいと思っています。
 

学習コンテンツの作成

スポンサー企業の特徴を生かした学習コンテンツの作成のサポートを行います。異分野×テクノロジーのMIXで新しい学びを共に創りましょう。

企画

スクーミーを活用した教育イベントの企画を行います。御社のCSR、CSV事業や福利厚生などでと連携(MIX)します。

学校の紹介

学校へのスクーミー導入のサポートをしてください。より多くの子どもたちにスクーミーを届けたいです。

パソコンのレンタル

スクーミーを十分に動かすことのできる環境の入ったPCをレンタルします。

講師の派遣

スクーミーを使って色々なものを開発している学生を講師として派遣させていただきます。

共同開発

スクーミーを活用した新サービス、新商品の共同開発を行います。御社の知識とスクーミーの技術をMIXさせ実現させます。

職員向け講座

プログラミングや、テクノロジー活用能力は、これから必須な力です。職員向けの講座としてスクーミーを活用いただけます。

学習塾のクラスとして

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修となります。スクーミーを活用したプログラミングの学びを御社の塾で行うことができます。すでにプログラミング教育を行なっている場合は、補助教材や特別授業などで活用ください。

地域連携

地域企業や地域の教育機関、商工会などと連携して、テクノロジーを活用した地域活性化を行うための連携をスクーミーをトリガーにして行います。

家族向けイベント

福利厚生などの一貫で、職員様のお子様を対象にしたイベントや、お客様の家族を対象にしたイベントなどを実施することができます。

展示会や体験会

企業様が主催するイベントなどで、プログラミングの体験コーナーの設置や、開発された作品の展示などを行うことができます。

共同開発

スクーミーを活用して、商品や仕組みの開発を行います。その企業のオンリーワンの開発を行います。

学校への導入サポート

私たちの力だけでは、学校に導入することは難しいです。ぜひ一緒に子ども達の学びをサポートしていきましょう。

各種イベントへのスクーミー提供

スクーミックスに関わっている企業のサポートを行うことができます。また複数の企業がスクーミーを提供しあい、実現できるイベントもあります。

自社の広報やノベライズグッズとしての活用

広報する内容に合わせたノベライズグッズ(工作キットなど)に利用することができます。また、スクーミーを販売することもできます。各種イベントで使用してください。