2020年4月、プロジェクト開始。

2020年4月より、山梨県に、甲府市校舎、山梨市校舎、都留市校舎を開校します。2月より無料体験会を実施していますので、興味のある方は是非ご参加ください。

スクールコンセプト

テクノロジーやデザインを活用して、
困っていることを解決する。

スクーミースクールでは、困っていることを解決するためにテクノロジーやデザインを学んでいきます。ゲームをつくったり、ロボットをただ動かすいわゆるプログラミングスクールとしての生徒ではなく、プロジェクトを作り、チームを作り、企業や行政と連携するチームメイトとしながら、作りながら学んでいきます。

自分を表現する力

正解が一つではない問いの挑戦

テクノロジー活用能力の育成

新しいものを創造する力

テクノロジーを活用し、問題解決を行います。

ウェブアプリを作ることで解決する

ウェブアプリを作ります。

センサーやマイコンボードを活用する

スクーミーボードとセンサーを使って便利な仕組みを作ります。

動画を編集する

Youtubeなどに公開できるような動画を撮影し、自分で編集する方法を学びます。

デザインをすることで解決する

広告やウェブ、キャラクター、アプリのデザインの方法を学び、作ります。

3Dプリンターを活用する

自助具と言われるものや、自分で設計して作ります。

ホームページ、WEbサイトを作る

ホームページやWEBサイトを作り、公開します。

実現させるために、総合的に必要になります。

問題を発見する力

ウェブアプリを作ります。

相手に伝え、共感させる力

スクーミーボードとセンサーを使って便利な仕組みを作ります。

チャレンジする力

スクーミーボードとセンサーを使って便利な仕組みを作ります。

論理的に考える力

広告やウェブ、キャラクター、アプリのデザインの方法を学び、作ります。

コミュニケーション能力

自助具と言われるものや、自分で設計して作ります。

理解するために読解する力

自助具と言われるものや、自分で設計して作ります。

クラス

テクノロジーに触れる

プログラミング教育が始まりますが、PCだけがテクノロジーではありません。3Dプリンター、ドローンなどのこれからの世界の中心になるものを活用していきます。

発想力を身につける

学ぶものは、難しいプログラミングの方法でも、技術でもありません。困っていることに対してどうアプローチし、どうやって活用するか考え、作っていきます。

依頼を受ける

企業からの案件や、こんなのつくって欲しいんだけどというものが、学びの材料になります。まずは、周りの人のこんなのが欲しいというものを作ることから始まります。

連携していく

企業や行政と協働したり、本格的な技術に触れたりすることができます。それまでにしっかり考えることを学び、先進技術とどう関わっていくかなど考えることが大切です。

校舎について

お好きな時間・回数ご利用いただけます。

下記、日程と場所以外にも、いろいろなところでイベントを行っております。

甲府市校舎

毎週火曜日18時-21時

山梨県立図書やSTERRAYAMANASHIなどの、山梨県で多くの人が集まる場所で行います。3Dプリンターを使いたい場合は、山梨市校舎で行うことができます。

山梨市校舎

毎週木曜日17時−22時

東山梨駅から、徒歩5分のところにZiZ(ジズ)という、ファブラボと学習塾が併設されている場所で実施します。自習室もあるので勉強も行うことができます。

八ヶ岳校舎

毎週月曜日18時−21時(予定)

東山梨駅から、徒歩5分のところにZiZ(ジズ)という、ファブラボと学習塾が併設されている場所で実施します。自習室もあるので勉強も行うことができます。

授業料について

初月は、入会金として、5,000円
登録費用(教材費、諸経費)として、10,000円が、下記授業料とは別にかかります。
学習期間は、3ヶ月間です。3ヶ月後、継続か、クラス変更か、終了かを選択いただきます。
継続する場合、上記の入会金はかかりませんが、登録費用は発生します。

ベーシッククラス

¥5,000

Per month

  • パソコンの基本的な使い方
  • スクーミーボードの使い方
  • プログラミングの基礎
  • デザインの基礎
  • 身近な問題解決に挑戦

上記内容の他に、提案資料の作成、発表方法の練習などを行い、チームでプロジェクトを行うための基本を、自分の身の回りを解決することから身につけていきます。作るものは、スクーミーボードを活用したものや広告・ポスターなどです。

アドバンスクラス

¥12,000

Per month

  • ウェブアプリの開発
  • 3Dプリンターの使い方
  • Webデザイン、HPの作成
  • スクーミーボードの使い方(応用)
  • 地域の問題解決に挑戦

ベーシッククラスで習う内容も合わせて学びます。使うツールや作るものが多いことが本クラスの特徴で、行うレベルはベーシックとあまり変わりませが問題解決を行うエリアを少し自分から離れたところまでチャレンジしていきます。

プロフェッショナル

¥0

Per month

  • 企業案件に取り組む
  • 本格的な社会進出を目指します
  • 社会課題の解決に連携して挑戦します
  • 開発費用なども自ら確保していきます
  • 教える側にもなります

企業からの協賛や、開発案件での依頼費、補助金や助成金の獲得など、活動費を確保するところから始まるためです。プロジェクトは、学生のみならず、企業や行政機関と連携し、地域や社会にインパクトを与えるような活動をプロクラスです。

リアルな課題に挑戦する

企業からの依頼に対して、企業側からの開発費用・企画費用・デザイン費用が発生していた場合、月謝を下げることによって報酬としたり、図書カードや商品券などを受け取っていただく場合がございます。成果報酬の現金でのお渡しは、行っておりません。但し、高校生・大学生は依頼内容によってはこの限りではありません。

どのようなことを行うか

まずは、身近な困ったことを解決することから始まります。
少しずつ、自分の周りから広げていきます。

問題解決のイメージはこちらから

山梨県庁との合同プロジェクトを実施しています。

あらゆる世代・分野における課題解決に向け、IoTキットの活用と、プログラミングやエンジニアリングについて実習を通して学んでいきます。

やまなし県内におけるIoT人材の育成を推進を弊スクールもサポートしています。

掲載実績

子どもたちならではの視点で物事を考え、それを実現させることで、様々なところで評価されております。

困っていることに対して、どうやってアプローチしていくのか、どんな方法で解決すればいいのかという、社会人が当たり前に行っていることを子どもの時から本格的に体感していきます。学校での勉強と合わせることで、これからの中学入試・高校入試・大学入試で必要とされている力が自然と身につき、発揮することができます。

次世代のIT人材育成事業として表彰されました。

Challenge Future Awardビジネスデザイン発見&発表会2019関東大会で、次世代のIT人材事業ということで、経済産業省関東経済産業局長賞・東京都情報産業教会賞を受賞しました。

地域の課題は、地域ごと様々です。その地域課題に対して、子どもたちが企業と行政と協力し、知恵を出し合いながら、テクノロジーを活用して解決していきます。

まずは体験してみてください。

必要事項をご記入してください。メッセージを確認しだい、折り返しご連絡させていただきます。