まず、はじめに
♯MAKERSLOADは、プログラミングでどのようなことができ、どう活用すれば新しいものを創ることができるのか、どういった視点で課題の発見と解決を創造的に行っていくのか、という『テクノロジー活用能力の育成』を目的としてつくられた学習コンテンツです。「身近な課題を発見し、解決するためのまったく新しいモノを自分たちの手で開発する」を コンセプトに、現実世界で活用できる装置の開発を行います。装置を開発するというスタイルは、基本的な「プログラミングスキル」のほかに、一般的なプログラミング学習や説明書通りに行うロボットプログラミング学習では修得が難しいとされる「企画力・発想力」「論理的思考力・創造力」「プレゼンテーション力」を身につけることができます。また言語は、実際の開発現場で使われるさまざまなプログラミング言語の根幹になった「C言語」をベースに学んでいきます。ロボットなどの機械と通信するのに一番向いている言語で、世界中の教育機関で学習用の言語として採用されるなど、とても汎用性が高い言語です。
学ぶ仕組みの内容

基本セットでできる以下の内容のことを使いこなし、実際にどのような装置を作ることができたり、どうやって人を喜ばせることができるかを、考えていきます。1つ1つをカードにしていますので、教室やご家庭でご自由に使うことが可能です。教室では、このカードを自由に使い学んでいただきます。

スキルの紹介

スクーミーでは、色々なことができますが、これらをスキルとしています。スタンダードスキル、チャレンジスキル、アドバンススキル、レベルアップスキル、ジャンプアップスキルに別れており、基本セットのみでは、スタンダードスキル、チャレンジスキルの2つのスキル階級を身に付けることができます。アドバンススキル以降は、ベーシックスキル、チャレンジスキルが身についたのち、追加コネクタンを購入してスキル習得を行います。

スキルは、プログラムテキストで公開しているので、誰でも使うことができます。本格的な習得や、コミュニティを作るためにMAKERSLOADをお使いください。

スタンダードスキル

計算をする

文字を画面に表示させる

明るさを測定する

距離を測定する

光り方で合図をする

音を作って合図をする

LEDとスピーカーの両方を使用する

両方の条件を満たした時合図をする

どちらかの条件を満たしたら合図をする

状態を保存して次の状態に影響を与える

チャレンジスキル

時間を測定する

起動したことを検知する

高さを測定する

色を検知する(光の透過率、反射率の利用)

量を測定する

開閉を検知する

通過を検知する

動いたことを検知する

速度を測定する

個数・回数をカウントする

メディア掲載情報

MAKERSLOADについて各種メディアで紹介されました。

仕組みを生かして、課題に取り組みます。

ここで紹介している課題は一例です。その教室にあった内容を考え、取り組んでください。子供達がディスカッションして決めるのもいいかもしれません。

利用イメージ

たくらむ

課題に対してどのようなことができるのかを考えていきます。自分の身の回りのことから社会問題までが教材です。

学ぶ

仕組みに対して学びます。課題に対してどのような仕組みを使うべきなのかを話し合いながら学んでいきます。

プログラミング

仕組みを使い、装置を開発するためにプログラミングを行います。基本の形は、こちらで用意できているので、簡単により早く開発ができます。

実験する

コネクタンを使用して、実際に開発する装置にあった動きに合わせて調整をします。この際、自分でプログラムを作ることになります。

組み立てる

プログラムが完成したら、スクーミーを組みこむ装置の開発を行います。

動かす

思うように動くか何度も動かします。もっとこうした方がいいんじゃないか?というアイデアも出てくると思うので、プログラムを変更していきながら進めていきます。

協力する

チームで協力し、役割分担をしていきながら、開発を進めていきます。少人数チームですので、たくさんやりとりをすることになります。

改善する

1回ではなかなか完成しません。何度もやり直し、改善していくことで、より良いものを開発していきます。

挑戦する

学校ではな学ぶことができない本格的なエンジニアリングのスキルや、ものをつくって世の中に出していく仕組みなど社会で活かせる力を身につけていきます。

まずやること

遊ぶ

コネクタンをつなげてテクノロジーを実感しよう。

学ぶこと

課題発見&解決能力スキル

よりよい開発を行うために、どんなことを考えればいいんだろう?

学ぶこと

プログラミングスキル

もっと、自由に動かすためには、どんなプログラムを書けばいいんだろう?

学ぶこと

データの活用スキル

世の中にないものを開発するためには、どんなことを考えればいいんだろう?

ちょっと一息

開発する時間を大切に。

子どもたちの自由な発想が解き放たれるとき、新しく学びたい気持ちも芽生えます。

やっぱりかかせないよね

いろいろなセンサーで遊ぶ。

開発をもっとすごいものにするためのセンサーは、続々開発されます。

自分の技術をどんどんあげられる環境を用意しましょう。

自分のペースで学習や開発ができる!

自分のレベルに合わせて基本コースの内容と一緒に進めていきます。一気に学んでから挑戦してもいいし、少しずつ進めていってもいいし使い方は自由です。カードはどんどん追加されていきます。

スキルを身につけて、より高度な開発に挑戦しよう。

そして、MAKERSへ。