ものづくりで、問題解決にチャレンジする人たちが集まるプラットフォームです。

いろいろなものを活用しながら『作る・使う・考える・改造する』を繰り返して、実際に使うことができる仕組みを生み出します。

その過程の中でいろいろなことを学び、できるようになることを目指しています。

センサープログラミング

自分たちで考えて、
学校の課題を解決する。
それくらい簡単に、
だれでもテクノロジーを使えるように。

SchooMyBOARDはArduinoIDEを活用するArduino互換機です。通常C言語を活用して動かすことができますが、まずは最初に簡単にブロックをつなげる動きでプログラミングをして、自分自身で思い通りに動かしてもらいたいという思いから作られたのが、この仕組みです。

たくさんの種類のセンサーもまずはつなげるだけで動きます。その後仕組みを学びましょう。

SchoomyBOARD(スクーミーボード)は、専用のセンサーコネクタンをボードについているmicroUSBにつなげるだけです。専門的なつなぎ方などを覚える必要はありません。

つなげたら、単四電池1本をいれると動き出します。

5センチ四方の小さなコンピューターです。

パソコンにつないで、プログラミングをして思い通りの動きをさせることができます。

アプリ開発

いろいろな困ったことを解決するアプリをつくろう。

プログラミングでアプリをつくったり、ノーコードと言われるプログラミングしないで作ることができるものを活用して、実際に使うことのできるアプリを作ります。

地域のいろいろな情報を集めて、その情報がほしい人にわかりやすい形で伝えることを目的としています。

山梨県では、テイクアウト情報をまとめたアプリを県内の子どもたちがオンライン上で開発し、使ってもらっています。