開発環境にスクーミーブロックを組み込む

まずは、下の青のボタンから。ファイルをダウンロードしてください。

このような画面になり、ZIPファイルをダウンロードしてください。またこのZIPファイルを展開しておいてください。

次に、このダウンロードしたArduBlockToolのフォルダを入れる場所を設定します。

DockにあるArduinoのアイコンを右クリックをするとメニューが出てきて、その中にオプションの項目があります。そこから、Finderに表示を押してください。

Finderに表示されたアイコンを、右クリックすると、メニューが出てきて、その中にパッケージの内容を表示の項目があります。そこを押してください。

パッケージの内容を表示を押したら、ContentsJavatoolsと進んでいきます。

ここに先ほどダウンロードしたArduBlockToolのフォルダを移動させます。※ZIPファイルは必ず展開してから入れてください。

こんな感じになります。できたらArduinoを立ち上げなおしてください。

使い方

1.Arduino開発環境を開くと、toolメニューに新たに『ArduBlock』メニューが増えていますので、確認してください。

これで、ブロックを使う準備ができました。最後に、スクーミーボードをMacとつなげるための設定をして終了です。

すでに設定してある方はブロックの説明書を以下からダウンロードしてください。